PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もらえる手紙

とても暖かい言葉をもらうと、こころがぽかぽかとなります。
どんな時でも、人にそんな言葉を与えられる人でありたいです。
そして、与えられたらありがとうといいたくなります。
いや、ちと気恥ずかしいですが。

そして、社会人になって必要となるのが手紙マナー
目上の人や、感謝したい人、手紙をいつもは渡さないけど今回は、という人。
どんなときでも、相手に嫌な思いをして欲しくはありません。

2009年2月25日01

手紙の基本スタイル~その1では、
基礎知識について知ることができます。

手紙の基本的な構成は大きく分けて、
前文、主文、末文、後付けの4つに分けられます。

前文は、頭語のあとに時候の挨拶、相手方の安否を気遣う挨拶やお礼を述べる謝辞などを続けるのが一般的です。

主文は、もっとも伝えたい部分、用件の部分ですね。

末文は手紙の結びの挨拶と、頭語に呼応した結語を書いた部分です。
相手の健康や繁栄を願うもの、今後のおつきあいをお願いするもの、返信をお願いするものなどがありますね。

さてさて。
手紙といえるかはわかりませんが、社外宛ビジネス文書の心得も知っていて損はありません。
というか知っておきたい。

社外の人に対して送られる社外文書は、
社外向けの社公文書、社外向けの業務文書、顧客向けの業務文書の3種類があります。

ビジネスシーンで使用される文書は、A4サイズに統一されるようになっています。

社外文書は、文書の種類によって異なりますが、
基本的には、件名、前付け、前文、主文、末文の5つによって作成されます。

より丁寧な文章が求められたりする場合も。
マナーも大事だけど、誠意も大事ですね。


私は昔欠陥商品をいただいたことがありまして、
それをどうしようかととにかく会社の方に電話したところ、
快い手紙とともに新しい商品が送られてきました。
ちょっとしたお詫びの品も含めて。

普通怒るところなのでしょうが、ちゃんとした誠意を示してくれると、
ああ誰だって間違いはあるのかななんて思ってしまいます。

手紙の内容もそうですが、素早い対応とか諸々がその会社の印象を決定しますよね。
名の売れている会社があれど、あんな会社が好きだなぁという会社の方に目がいってしまうのは当然。
日々そんな風に思われるよう、働きたいですね。
スポンサーサイト

| 求職・キャリアアップ | 12:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

文書

こんな文書とかあるんですね~
時々見てます。
頑張って下さい(^^)/

| しんじ | 2009/02/26 20:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekormo.blog37.fc2.com/tb.php/1804-34701c30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。